pickup

地方の課題解決と自らの夢の実現に向けて
あなたの挑戦を地域の総力をあげてバックアップします。

エゴマの栽培で知られる人口約3,300人の小さな町「川本町」「過疎発祥の地」と称される島根県にあって、人口減少率・地価下落率で県内1位を記録するなど、今や地域課題の最先端地域であり、町の中心地である弓市商店街でも、店主の高齢化や担い手不足など様々な問題を抱えています。

そこで、商店街の空き店舗を活用した新たな取り組みとして、『弓市ビジネスチャレンジコンペティション』と題したビジネスコンテストを開催!自らのビジネスプランの実現に挑戦する起業家を広く募集します。

支援総額1200万円、官民一体となった力強い後押しにより、この町であなたの夢を実現してください。目から鱗の斬新なアイデア、この場所だからこその想いの詰まったご提案をお待ちしています。

詳しい募集要項はこちら
バナー

採用者は、以下の物件を店舗・住居として活用していただきます

建物の写真建物の写真2建物の写真4建物の写真23

 

採用者は、地域おこし協力隊として企業の準備・開業を行います

任用形態:川本町起業型地域おこし協力隊(個人事業主型)

任用期間:採用日から最長3年間(年度毎の契約更新)

報償費 :200万円/年(計600万円)
     町との雇用契約ではないため、税金・社会保険等は自己負担です

活動費 :川本町活動支援補助金(住居、店舗家賃、改修費、研修費、宣伝費等)
     1・2年目:上限200万円 3年目:上限100万円
     3年間の活動終了後、定着支援金として100万円が支給されます。

スケジュール

募集期間  :平成3061日(金)~平成301031日(水)

一次審査  :平成3011月上旬書類審査

最終審査準備:平成3011月~平成312
現地視察及び意見交換のために来町いただき、プランをブラッシュアップしていただきます。(来町旅費実費補助有:実費上限10万円)

最終審査  :平成312月上旬
プレゼンテーション(公開)による審査を川本町(会場は後日連絡)にて行います。※採用者は、1年以内に起業することを目標に活動していただきます。

 

詳しい募集要項はこちら
バナー

応募条件等

コンペティション採用者には、川本町地域おこし協力隊を委嘱し、川本町で起業の準備・起業後の運営を行っていただくこととなりますので、以下の要件を満たすこととします。

基本応募条件
  • 三大都市圏又は条件不利地域指定外の地方都市に居住する方、又は、これまで地域おこし協力隊として2年以上活動し、かつ解職から1年以内である方で、着任時に住民票を川本町に異動できる方
  • 着任時に満20歳以上の方
  • 普通自動車運転免許を取得、または着任までに取得予定の方
  • PCの基本操作ができる方
活動時間
基本:1日7時間45分(月16日〈124時間〉)
ただし、業務内容により活動時間が変動します。
任用形態
川本町起業型地域おこし協力隊(個人事業主)
任用期間
採用日から年度契約で最長3年間
報償費等
200万円/年
町との雇用契約ではないため、所得税、住民税、国民健康保険税等の税金、介護保険料、年金保険料等は自己負担
活動費
  • 活動支援補助金
    1年目~2年目
    上限200万円/年(住居費、店舗家賃、店舗改修費、研修費、宣伝費等)
    3年目
    上限100万円(住居費、店舗家賃等)
  • 3年間の活動終了後、定着支援金として100万円が支給されます。

※現在、川本町の地域おこし協力隊任期中(1年目又は2年目)の方も応募可能です。その場合、上記の要件と同様ですが、活動費(活動支援補助金)の取扱いは以下のとおりです。

1年目の方
2~3年目:上限200万円/年(住居費、店舗家賃、研修費、宣伝費等)
2年目の方
3年目:上限200万円(住居費、店舗家賃、研修費、宣伝費等)

 

応募方法

弓チャレホームページより応募用紙をダウンロードし、郵送またはEメールにてご応募ください

 

詳しい募集要項はこちら
バナー