自然豊かな環境に加え、子育てを応援する様々な制度を川本町では設けています。子どもの将来を含め是非ご活用ください。

保育料の軽減・無料化

第1子の保育料を軽減

第1子(3歳未満児)の保育料を1/3軽減します。
(島根県の補助金を活用して実施します。)
また、国制度の改正により、年収360万円未満のひとり親世帯等の第1子の保育料は半額となります。

第2子からの保育料は無料

第2子以降の保育料は無料です対象は、保護者が現に育てている、18歳未満の児童が2人以上いる 世帯のうち、川本町内の保育所に入所している2人目以降の児童です。

 

川本町の保育所入所等に関する情報・お問い合わせはコチラ

保育所完全給食化

町内全3カ所で地元産の炊きたてごはんを提供する完全給食を実施。

子どもの医療費助成

川本町では0歳~就学前まで無料、小学生入学~中学卒業まで本人負担1割など、子どもの健康を守り、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るための医療費助成が受けられます。

対象

  1. 川本町に住所がある。
  2. 0歳から満15歳(※中学校卒業)までの子ども。
  3. 20歳未満の※2慢性呼吸器疾患等14疾患群による入院者
  4. 健康保険に加入している
  5. 生活保護を受けていない

※1:満15歳に達する日以後の最初の3月31日まで
※2:慢性腎疾患、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、膠原病、神経・筋疾患、悪性新生物、内分泌疾患、糖尿病、先天性代謝異常、血液疾患、免疫疾患、慢性消化器疾患、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群、皮膚疾患の14疾患群により、病院又は診療所に入院をした者として、保健所長の意見により町長の認定を受けた者

川本町の医療制度表

対象者 0歳〜就学前 小学校入学〜
中学校卒業まで
就学後20歳未満
(特定14疾患群)
対象医療 入院 通院 入院 通院 入院 通院
負担限度額 0円 0円
本人負担 なし なし
所得制限 なし なし
薬局徴収 なし なし
更新 なし 毎年11月末


子ども医療費助成に関する詳しい内容・お問い合わせはコチラ

乳児一般検診費助成

生後1ヶ月・9ヶ月~11ヶ月に受けていただく受診票を交付
*県内:無料、見学:上限有り

新生児聴覚検査助成

新生児の聴覚スクリーニング検査の費用が無料

インフルエンザ予防接種助成

高校生以下のインフルエンザ予防接種費用が無料

歯科対策

3歳児、在宅の4、5歳児を対象にフッ素塗布を実施。
4歳児以上の保育所 入所児、小学生、中学生を対象にフッ素洗口を実施

特定・一般不妊治療費助成

不妊治療等の一部を助成

子どもフリーパス

県内在住の小・中・高校生を対象に町内の公共施設やスクールバス、温泉などを無料で使用できます。

フリーパス利用可能施設

  • 弥山荘(入浴料無料)
  • 笹遊里(施設使用料割引)
  • 町民プール(施設使用料無料)
  • おとぎ館(トレーニングルーム使用料無料)
  • 悠邑ふるさと会館(教育委員会が指定する文化公演事業の入場料無料)
  • スクールバス(乗車賃無料)

妊婦健診助成

妊婦一般健康診査14回の受診票を交付
*県内:無料、県外:上限有り

チャイルドシート購入助成

チャイルドシート購入助成 子ども一人につき1台、購入価格の2分の1を助成します。(ただし、1台あたり15,000円を上限とします。)
*購入の前にあらかじめ助成金申請の手続きが必要です。

自転車ヘルメット購入助成

1個につき購入価格の1/2(上限2,000円)を助成。

川本町子育てサポートゆうゆう手帳配布

ゆうゆう手帳

川本町では、お子様の成長をみんなで見守りながら、もしも何らかのサポートが必要になった時には適切な支援につなげられることを願い、「川本町子育てサポート“ゆうゆう手帳"」を作成しました。川本町で生まれ育つ、すべてのお子様を対象にお配りしています。

お子様のことで困った時や心配なことがある時は、この手帳を持ってご相談いただき、行政や相談機関とのコミュニケーションを図るためにご利用ください。また、保育所や学校などとお子様の様子をわかり合うためのツールとしてもお役立てください。 

 

 

  

子育て支援に関するお問い合わせ先

健康福祉課 福祉係

〒696-8501 島根県邑智郡川本町大字川本271-3

TEL: 0855-72-0633 FAX: 0855-72-1136

メールでのお問い合わせはこちら