1

 京都の大学を卒業後、川本町へ戻り、医療事務職として働いています。午前中は病院で外来の受付や会計、午後は訪問看護や訪問介護のステーションで事務をしています。

川本へ帰ってきた理由

2

 就職活動でいろいろな説明会に行きましたが、都会で働いている自分をどうしても想像することができなかったです。町外へ出て初めて川本町の良さに気がつきました。それはゆったりとした時間の流れであったり、顔の見える人との繋がりであったり、都会の利便性とは違う良さです。 

 着実な歩みを

  祖父母、両親と暮らし気持ちにゆとりがあります。川本は交通アクセスも意外に便利で、県外まで好きなアーティストのライブを見に行くなど、プライベートも充実しています。地元で暮らしという選択肢が人生をより輝かせると感じています・